e-土地活用

駐車場経営

駐車場経営は注目されている土地活用方法です。

土地活用初心者の多くの方は、少ない予算ではじめられる駐車場経営に注目しています。中でも、平面式のコインパーキングは人気があります。ひとくちに駐車場経営と言っても、種類は様々です。

駐車場経営の種類

■平面駐車場
一般的な駐車場です。青空駐車場が多く、その中でもアスファルト舗装を行ったものや、屋根付きのもの、シャッター付きのものなどがあります。 初期にかかるコストが少なく、維持管理にもあまりコストがかからないため、比較的安くできることが特徴です。

■立体駐車場
立体駐車場には、自走式駐車場と機械式駐車場の2種類があります。

・自走式駐車場
 自ら運転し、所定の駐車スペースへ駐車するタイプの駐車場です。
 建物のコストはかかりますが、維持管理に関してはあまりコストがかかりません。
 また、プレハブ式にするなどの工夫で、初期のコストも抑えることができます。

・機械式駐車場
 垂直循環式や、多層循環式、エレベーター式、多段式などがあります。
 これらの機械式駐車場は、初期のコストが高く、また維持費や管理にもコストがかかります。
 比較的高いといえるでしょう。しかし、その分多くの利用者があれば、多くの収入が見込めます。

駐車場経営成功の鍵

比較的初期コストが低く、リスクも少ないため、「安易な方法」と思われがちですが、これはあくまでも利用者が多い場合のお話です。駐車場経営は、経営効率を高めなければ、「ローリスク・ハイリターン」は期待できません。 経営効率を良くするためには、いくつかのポイントがあります。

■ポイント
・安全性と利便性を考慮した駐車場
 駐車場は車だけではなく、人も移動する空間です。
 また、利用者は老若男女と様々ですから、人が安全で便利に移動できる空間にしましょう。
 人が移動する導線をしっかりと考慮した駐車場にしましょう。

・効率よい駐車場
 入り口の数が少なく、使い勝手が悪い駐車場は、利用率がいいとは言えません。
 また、セキュリティに疑問を感じる駐車場もなかなか利用されにくいようです。
 人員も駐車場の規模にあった数が必要となります。
 いかに効率よく利用してもらえるかを考慮した駐車場にしましゅう。

・収容台数
 利用者が多い地域なのに、収容台数が少なくては利用者は限られてしまいます。
 周辺環境に合わせた規模の収容台数が求められます。
 単に多くするのではなく、しっかりとニーズに応えた駐車場にしましょう。

駐車場経営のメリット・デメリット

◎メリット
・少ない初期コストではじめられます。
・いずれ駐車場以外の活用法への転換が可能です。
・運営コストが比較的少ないです。

×デメリット
・固定資産税が更地と同様の評価のため軽減がありません。
・都市計画税が更地と同様の評価のため軽減がありません。
・相続税評価も更地と同様のため評価減を受けることができません。
・平面駐車場の場合、減価償却費がないので所得税負担が大きいです。
・立体駐車所の場合、「建物」と比べれば減価償却費は少ないです。

Copyright(c)2008 e-土地活用. All Rights Reserved.