e-土地活用

土地活用のすすめ

土地を有効に活用すると、様々なメリットがあります。

土地を利用し利益をもたらす活用をすることが、土地の有効活用方法です。土地活用には、節税効果や、安定収入などのメリットがあります。特に、負担になりがちな税金の減額は所有者にとって嬉しいことでしょう。ここでは、主な土地活用のメリットを見てみましょう。
もし広島 賃貸でアパート経営をお考えならお力になる事が出来ますので、一度お越し下さい。

節税効果

土地を有効に活用することで、税制上に大きなメリットがあります。主に以下のような節税効果があります。

■固定資産税の減額
土地を所有しているだけで毎年支払い続ける固定資産税ですが、賃貸住宅を建てることでその評価額が減額されます。更地のままの土地を所有している場合と比較すると、固定資産税評価額が6分の1に減額されます。ただし、新しく建物を建てた場合は、固定資産税がかかります。しかし、新築後の3年間は評価額が2分の1に減額される優遇措置がありますので、こちらも節税効果が高いと言えるでしょう。新築がコンクリート造の場合は、5年間がその対象期間となります。

■更地に比べ評価額が下がる
所有している土地が、「貸家建付地」と評価された場合は、更地に比べて評価額が2割下がります。また、この場合、賃貸をしている建物の評価も通常の7割減額となります。

■地計画税も減額
さらに、全国約700箇所の市町村で徴収されている土地計画税も3分の1に減額されます。賃貸住宅を建てることで、更地での所有に比べると、固定資産税はもちろんのこと、土地計画税は大幅に減額できます。

■相続税の差し引き
借り入れによって賃貸住宅を建築した場合は、相続税からローン残高が差し引かれます。そして、この差し引かれた分がそのまま節税となります。

■「小規模住地の特例」
賃貸住宅の敷地が200平方メートルまでの場合は、「小規模住地の特例」が適用されます。適用された場合、評価額が5割減額されます。

安定収入の獲得

賃貸住宅などの賃貸として土地を活用すると、入居者が集まれば集まるほど、安定した長期的な収入が期待できます。また、賃貸住宅を建てる際、建物だけの投資ですみますので、多額の初期費用を必要とすることもありません。また、運営のための人ではそんなに多くは必要ありませんので、人件費の出費も少なくてすみます。 上手に運営を行うことで、長期間安定した資金確保が期待できるでしょう。

資産形成

土地を有効に活用することで、家族や子孫に資産を受け継ぐことができます。土地をただ所有しているだけでは、負担になることもありますが、有効に活用した土地であれば、大事な家族へも利益をたもらすことができます。また、少子高齢化が進んでいる現代では、公的年金や企業年金への不安がつのるばかりです。安心したゆとりのある老後生活をおくるためにも、有効な土地活用で、資金を確保しましょう。

Copyright(c)2008 e-土地活用. All Rights Reserved.